フランチャイズ店募集の案内

不況下で始動した屈強なビジネスモデル

イーネーションの金・プラチナ、ブランド品買取ビジネスは増収増益を実現しております。低リスクでスタートできることや、人件費・スペースの無駄を極限まで省いたシステム、ご要望のあった商品は必ず本部が買い上げるシステム等がその理由。不況の最中である2008年9月にスタートしていますから、すでに出発時点から洗練されつくしたビジネスモデルです。エコブームや不況の影響から買取のニーズは高まっています。

金買取ビジネスとは…?

金やプラチナといった貴金属は、とても希少価値がある高価な金属です。貴金属の金は「物」であるにもかかわらず、「世界中に通用するお金」として、常に普遍的な価値を持っていることから、主要国における政府の中央銀行が常に保有しています。日本の場合は日本銀行が支払い準備金として大量の貴金属の金を保有しているのが実態です。金やプラチナは産出量が少なく、流通量も少ないことから、とても高値で取引される貴金属になっています。金は古くから現在に至るまで金箔や金糸、装飾品などに使われていました。また、プラチナはかつて指輪やネックレスなどの装飾品だけに利用されていましたが、最近では産業用の用途に多く使用されており、品薄になっていることから価格も高騰してきているのです。

こうしたことから、最近になって金やプラチナの貴金属を高価で買取をする買取専門店があちらこちらに進出するようになりました。そこで、単純明快なシステムで在庫ゼロ・小スペース・少資金で開業できて、リスクも少ないので、主婦の方や脱サラの方でもオーナーになることができる買取専門店が注目を集め始めました。売り手の不要になった金やプラチナのアクセサリーなどで、傷があろうが、壊れていようが、欠品していようが、どのようなものでも買取し、新たな製品に再生したり、再利用したりする世界でもっとも注目されているリサイクル&リユースビジネスです。不要になってしまった物を、必要とする世界に届ける架け橋を作る事が我々の役目なのです。限りある資源を蘇らせることで、社会に貢献するひとりになりませんか?

ブランド品買取ビジネス

収益増を目指すならブランド品の買取も欠かせません。ブランド品の市場は1兆円産業ともいわれる巨大市場です。貴金属をお持ちの方は、ブランド品も持っている場合が多く、ブランド物の買取をすればさらに収益アップを見込めます。ブランドバッグや腕時計、アクセサリーなど買取対象となる物は様々ですので、ブランド品の査定は簡単ではありません。しかし、イーネーション本部には、豊富な経験による確かな目利きノウハウがあります。初心者の方でもわかりやすく、親切丁寧に指導いたしますので、安心して取り組んでいただけます。※希望者のみ(加盟金:別途10万円)
大手人気量販店から出店要請が殺到。
2日で初期費用を回収した店舗もあります。
金・プラチナ、ブランド品買取専門店「イーネーション」。
貴金属買取専門オンリーなら95万円からという格安の初期費用が話題のFCパッケージです。貴金属やブランド品の取り扱い経験がゼロという未経験者が8日あれば確実に査定実務にフェードインできるメリットも大人気。
仕事の進め方を詳しく見る
●金・プラチナ、ブランド品買取専門店「イーネーション」。貴金属買取専門オンリーなら95万円からという格安の初期費用が話題のFCパッケージです。貴金属やブランド品の取り扱い経験がゼロという未経験者が8日あれば確実に査定実務にフェードインできるメリットも大人気。

●「全品買上げシステム」もありますが、粗利益の度合いを見計らって、「本部買上げ」か「店舗販売」を選べます。不要な在庫は抱えません。

●ビジネスモデルの魅力は尽きませんが、ちなみに写真の高石店は6月12日のオープン2日目にして初期費用を完全に回収。ショッピングモール全体に対する集客力の高さから、大手人気量販店からの出店要請も次々に舞い込んでいます。

この仕事で活かせる経験とスキル

●「ここを忘れず見よ」という査定の原則は完全にマニュアル化されています。さらに店舗には常時オンラインで本部の端末に連結されたTVカメラを設置。全店舗の査定を厳しくチェックします。カメラはデスク上にある物品の5ミリの差異まで判別可能という驚異的な解像度。安心して接客に専念できます。

●不必要な在庫を抱えなくてすむため、1~2坪という小スペース・少人数で運営できます。既存店舗の空きスペースを有効活用できます。

仕事のプロセス

【1】今岡さんと南野さん2名が店舗入り。スタッフは2名で充分!
こちらイーネーション高石店はデザイン会社が経営するFC店舗です。左が南野さん、右が今岡さん。彼女たちはデザイン会社のスタッフ。今岡さんは計5店舗あるイーネーションFC店舗のすべてを経験されましたが、オープン2日目にして初期費用回収という実績はこの高石店が最短。この記録も2名で実現されたのです!ちなみにこちらの運営会社さんは、6月25日には蛍池にも新店をオープンされるそうです。
【2】9:30店舗開店!接客だけに専念できます!
高石店は9:30開店。みるみるご来店のお客様で査定デスクは埋まっていきます。「売り上げ」は明確に見えていますので、繁盛の喜びが即座に実感できます。
●気を配るべきは、お客様への対応です。「返品でご来店になったお客様が、イーネーションの大ファンになってくださいました」…そう語る今岡さん。査定スキルが短期間でマスターできるぶん、接客スキルを磨くことに専念できるのです。
【3】20:00閉店。さらなる増収増益のための反省が大きな楽しみ。
工夫した分だけ集客効果が見込めるのが、このビジネスの醍醐味です。高石店の立ち上げ大成功には、前日と当日に配布した計8万部超あまりのチラシがありました。毎日のように移り変わるマーケットの様子を反映したSPチラシ・クーポン広告は重要なツールです。さらに立地によっては店頭パネルやPOP広告、ノボリ旗を駆使したアイキャッチも効果的。今岡さんは、さらにヒントをもらうために本部まで足を運ぶこともあるそうです。 さらなる増収増益のための反省が大きな楽しみ。

収益モデル

◆2~4坪例◆
月営業利益70万円買取金額250万円のとき
・・・ 粗利益 112万円 - ロイヤリティ 10万5000円 - 経費 31万5000円

◆10坪前後例◆
月営業利益196万5000円買取金額600万円のとき
・・・ 粗利益 270万円 - ロイヤリティ 10万5000円 - 経費 63万円
※共に営業日30日